Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

OpenStackビジネス・人材の将来性と事例/H29春期情報処理試験の受付開始_

-[Vol.027]-------------------------------------------------------
このメールは資格Zineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
★むずかしいCCENT/CCNA試験……でも、この本ならきっと最後まで学習できる!
『シスコ技術者認定教科書 CCENT/CCNA Routing and Switching ICND1編 v3.0
 テキスト&問題集 [対応試験]100-105J/200-125J』(2色刷りで読みやすい!)
巻末の模擬試験2回分、実機の操作がよくわかる詳しい解説付きの動画も提供。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┃【編集部より】本メール中のURLについて
┃ 今回からメールマガジンの配信システムを新しいものに変更いたしました。
┃ そのため前回まで「http://go2.shoeisha.jp/c/〜」という形でメールに
┃ 入っていたURLが、今回から「〜XXXX」という形に
┃ 変わっております。問題のあるWebページへのリンクはございませんので
┃ 安心してクリックし閲覧をなさってください。


資格取得に向けてホップ! ステップ! 大ジャンプ!
こんにちは。資格Zineのうさぎ編集長こと、市古(いちご)です。

今年に入って、にわかに話題になっているサイバー攻撃事件があります。標的は
「MongoDB」という、オープンソースで開発されているドキュメント指向データ
ベースです。表形式でデータを保管するリレーショナルデータベースとは異なり、
不定形のデータを保管でき、アプリケーションデータを格納しやすいという特徴
があります。「NoSQL」というタイプのデータベースカテゴリに入ります。

MongoDBは、数年前からWebサービスなどでの利用が本格化してきました。これまで
も脆弱性を放置している管理者に対して警句が発されてきましたが、今回は大規模
なデータがごっそり削除されたため、大きな事件として明るみに出てきたのです。
それだけでなく、ビッグデータ分析などで標準的に使われている分散処理フレーム
ワーク「Apache Hadoop」や、全文検索エンジン「Elasticsearch」のデータも攻撃
対象となっているといいます。

3つの製品に共通することは、いずれもクラウド上で稼働し、ユーザーはインター
ネット経由でデータにアクセスするケースが多い点です。つまり、これらのデータ
は「インターネットに直接露呈している(※)」のです。加えて「実装者が個別に
対処すべきセキュリティ対策が施されていないケースが多い(※)」といいますか
ら、大変危うい状況で運用されているわけです。

※ITmediaエンタープライズ(2017年1月20日付)
「HadoopやMongoDBのデータ消去被害が続出、世界各国で」より


管理業務の不備といえばそうですが、最近流行の「DevOps」や「シャドウIT」が、
こうした危険をさらに増幅しているのではないかと、私は想像しています。

従来、データベース管理はITインフラを担当する専門技術者が主に担当してきまし
た。資格でいえば、ORACLE MASTERやMCP:SQL Serverなどを取得するような人たち
です。しかし、クラウドの登場で、専門技術者でなくても簡単にデータベースなど
を構築できるようになり、さらに開発生産性を高めるため、開発者がITインフラを
構築するケースも増えています(本番環境はインフラ担当者が管理するところも
もちろん多いでしょうけれど)。

ITの積極利用やサービス開発の効率といった面を考えると、これらは決して悪いこ
とではありません。むしろメリットが多く、ますます加速していくでしょう。
大切なのは、データベースを構築したり運用したりするなら、そのセキュリティま
で責任を持つという意識です。特に、開発者はプロとしてスキル面も磨く必要が
あります。

情報セキュリティ人材の育成が急がれていますが、情報セキュリティの専門家とし
て活躍できる場というのは、実は限られるかもしれません。情報セキュリティ人材
の育成や活用に取り組む方にお話を聞いてみると、ずっと大きな需要が見込まれる
のは「開発+情報セキュリティ」や「業務+情報セキュリティ」というように、
ビジネス価値をつくる力と情報セキュリティのスキルを併せ持つ人材だそうです。

そもそも、情報セキュリティに関する業務やスキルは多岐にわたり、一口で定義で
きるようなものではないとも聞きます。幅広い経験や知識が、優れた情報セキュリ
ティ人材には不可欠なのです。

経験を代替するのは難しいですが、知識を効率よく保管する手段は用意されていま
す。そうですね、資格です。本業以外で情報セキュリティに取り組む人こそ、資格
で知識を増強されることをお勧めします。


[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 学習書の新刊情報
[5] みなさまの「受験体験記」を募集中
[6] 記事のリクエストも大歓迎です
[7] 配信停止の方法

資格ZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter   => 
* Facebook => https://www.facebook.com/shikakuzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(1/9〜1/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「OPCEL ビジネスサミット 2016」開催、事例から見えたOpenStackのビジネス
 優位性と人材育成の方向性
〈イベントレポート〉
 OpenStackスキルの認定試験「OPCEL」の配信を2015年10月に開始したLPI-Japan
は昨年の12月6日、東京・港区のコンラッド東京 アネックスにて「OPCEL ビジネス
サミット 2016」を開催した。「新たなビジネスを切り開くOpenStack〜クラウドネ
イティブなビジネスを活かした差別化と人材育成のために」と題したこのイベント
では、OpenStackの活用や普及に取り組む先進企業・団体から貴重な事例などが発
表された。本稿ではその内容をレポートする。
http://shikakuzine.jp/article/detail/336?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(1/9〜1/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・PMBOKガイド ソフトウェア拡張版とガイド最新動向の動画セミナーを開催、参加
 者はPDUを取得可能―PMI日本支部が配信(01-20)
http://shikakuzine.jp/article/detail/372?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・SolarisとJavaに関連するオラクル認定試験の一部を4月と7月に配信終了ー日本
 オラクル(01-20)
http://shikakuzine.jp/article/detail/375?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・サイバーセキュリティ人材の確保と育成などをテーマにしたシンポジウム―IPA
 が2月8日に開催(01-19)
http://shikakuzine.jp/article/detail/373?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・1位は仮想化、2位はPython、3位はセキュリティ―CTCテクノロジーが2016年の
 人気研修コースランキングを発表(01-19)
http://shikakuzine.jp/article/detail/374?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・ISACA認定試験でCBT方式を前提とする初の受験者説明会を2月7日に開催―ISACA
 東京支部(01-18)
http://shikakuzine.jp/article/detail/368?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・LPICレベル2、LPICレベル3、OSS-DBそれぞれの無料技術解説セミナーをLPI-Japa
 nが2月に開催(01-18)
http://shikakuzine.jp/article/detail/371?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・HULFT技術者認定資格の試験対策コースと試験を無料で受けられるキャンペーン
 を実施?セゾン情報システムズ(01-17)
http://shikakuzine.jp/article/detail/365?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・ISO/IEC 27001をテーマにした情報セキュリティセミナーを無料開催?日本品質
 保証機構が1月18日に(01-17)
http://shikakuzine.jp/article/detail/366?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・「MCP Windows Server 2012編」無料セミナー第2弾を2月25日に開催―翔泳社
 (01-13)
http://shikakuzine.jp/article/detail/364?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・ITコーディネータ試験合格を目指す対策コースを開講?ITコーディネータ協会が
 2月に(01-13)
http://shikakuzine.jp/article/detail/361?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・HTML5の最新情報が得られるセミナーを開催、ビアバッシュあり、早割価格も
 設定?LPI-Japanが2月11日に(01-13)
http://shikakuzine.jp/article/detail/362?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・ナガセキャリアセンター生徒の転入を受け入れ?リカレントグループが4月末ま
 で対応(01-13)
http://shikakuzine.jp/article/detail/363?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・ソーシャルプロジェクトマネジメント手法を学ぶワークショップ?PMI日本支部
 が開催(01-12)
http://shikakuzine.jp/article/detail/360?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・Windows Server 2016認定研修対応コースを開講?NECマネジメントパートナーが
 3月より(01-11)
http://shikakuzine.jp/article/detail/358?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・IPA、平成29年度春期「情報処理技術者試験」と「情報処理安全確保支援士
 試験」の受験申し込みを受付開始―初の支援士試験に注目(01-11)
http://shikakuzine.jp/article/detail/359?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・情報処理技術者と情報処理安全確保支援士の模試(平成29年度春期向け)を開催
 ―TAC各校にて(01-11)
http://shikakuzine.jp/article/detail/357?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・デザイン思考や営業スキルを習得できる無料の人材育成セミナーを開催―エディ
 フィストラーニングが2月3日に(01-10)
http://shikakuzine.jp/article/detail/355?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

・若手SEが理想と現実のギャップを乗り越えるためのセミナーを開講―富士通ラー
 ニングメディアにて3月に(01-10)
http://shikakuzine.jp/article/detail/356?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(1/7〜1/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 「OPCEL ビジネスサミット 2016」開催、事例から見えたOpenStackのビジネ
 ス優位性と人材育成の方向性
http://shikakuzine.jp/article/detail/336?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

●2位 LPI認定資格 LPICレベル3とは
http://shikakuzine.jp/article/detail/327?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

●3位 Linuxにのめり込み独学で習熟、それでもLPIC資格を取得したわけと合格ま
 での学習方法【前編】
http://shikakuzine.jp/article/detail/294?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

●4位 LPI認定資格 LPICレベル1とは
http://shikakuzine.jp/article/detail/318?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

●5位 LPI認定資格 LPICレベル2とは
http://shikakuzine.jp/article/detail/322?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170123

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 学習書の新刊:3冊(1/9〜1/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『平成29年度 情報セキュリティマネジメント完全対策』
著者:橋本純生、岡田政紀、櫻井智恵
監修:佐々木健美
刊行:リックテレコム
仕様:A5判/432ページ/2,160円(税込み)

試験傾向を徹底的に分析し、押さえるべきポイントを丁寧に説明するとともに、問
題を厳選して収録。平成28年度春・秋期試験問題に解説を付し、午後試験対策も充
実させた。本書の電子版、模擬試験などを、無料でダウンロードできる。

◆『シスコ技術者認定教科書 CCENT/CCNA Routing and Switching ICND1編 v3.0
 テキスト&問題集 [対応試験]100-105J/200-125J』
著者:システムアーキテクチュアナレッジ 中道 賢
刊行:翔泳社
仕様:A5判/432ページ/4,104円(税込み)

豊富な図表と出力例で狙われやすいテーマを解説。節末の確認問題、巻末の模擬試
験2回分、ダウンロード特典の練習問題で合格に必要な問題演習が行える。Cisco製
のルータやスイッチがない人向けに、実機の操作がわかる解説付きの動画を用意。

◆【改訂3版】ITパスポート最速合格術 ?1000点満点を獲得した勉強法の秘密
著者:西 俊明
刊行:技術評論社
仕様:A5判/320ページ/1,598円(税込み)

最新の出題傾向に対応&イラストを多数追加。わかりやすさと取り組みやすさを高
めた。第1回試験で1000満点で合格(受験者39131人中2名)した著者が楽しく、
ラクして、てっとり早く、本質的に理解できるという、効率的な勉強法を教える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] みなさまの「受験体験記」を募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
合格された方も、惜しくも不合格だった方も、懸命に取り組んだことの証として、
また振り返りとして、他の受験者やこれから受験される方と共有してみませんか?
国家試験、ベンダ試験を問わず絶賛募集中です!
http://shikakuzine.jp/memoir/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[7] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらのページの「資格Zine News」の枠にアドレスを入れ解除してください。
https://sems.shoeisha.com/ml/cancel

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
  広告出稿については、 までご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 資格Zine編集部
(c)2015-2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0