Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

単一行関数の使用による出力のカスタマイズ: 文字列関数・日付関数・数値関数の問題を制覇する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
林 優子[著]
2016/03/04 14:00

新入社員研修で講師をしていると、「Oracle独自のものが多いから」とか「覚えればいいことだから」という理由で、関数について説明する時間を(コース企画運営者から)省略させられることがよくあります。しかし、同じく新入社員研修でも、「資格取得を目的に」となったとたん、「時間を設けてほしい」と(コース企画運営者から)要望されます。そうです、はっきり言います。関数は、試験での出題率が高いのです。今回は出題範囲の関数のうち、行ごとに計算などを行って結果を返す「単一行関数」に分類される「文字列関数」「日付関数」「数値関数」を取り上げます。

本記事は「IT人材ラボ」に移転いたしました

 資格Zineの後継メディア「IT人材ラボ」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 林 優子(ハヤシ ユウコ)

    日本オラクル株式会社の教育ビジネスのスタートアップを全面的に支援し、バージョン5の頃からOracleに携わるベテラン講師として知る人も多い。Oracle認定講師を表彰するExcellent Instructorを連続受賞。1ランク上のITスペシャリスト育成を目標に、データベース分野にとどまらず「プレゼンテーション」、「ロジカルシンキング」などのトレーニングも手がけている。著書に『オラクルマスター教科書』シリーズ(翔泳社)、『プロとしてのデータモデリング入門』(SBクリエイティブ)など。その他、雑誌執筆、著書・メディア出演も多数。

バックナンバー

連載:めざせオラクルマスターホルダー! Oracle DB 12c SQL基礎 弱点克服スクール

もっと読む

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0