Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

ORACLE MASTERやJava認定資格取得のためのオンライン学習コンテンツをリリース―日本オラクル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/18 13:25

 日本オラクルは、オラクル認定資格試験を目指す人に向けたオンラインストリーミングを使った学習コンテンツ「資格試験準備セミナー」の販売を4月28日より開始した。現在用意されているのは、ORACLE MASTERとJava認定資格。試験の頻出トピックを模擬試験とインストラクターによる詳しい解説で理解できる。コンテンツへのアクセス有効期間は6か月間、価格は2万8728円。

日本オラクルによれは、資格試験準備セミナーを受講すると、3つの利点があるという。

  • 体系化された学習計画で時間を節約できる
  • 試験範囲のトピックを集中的に学習することにより、本番試験の出題内容が予測できる
  • 予め知識の隙間を埋めることで、自信を構築できる

 現在、資格試験準備セミナーに用意されているのは、ORACLE MASTER Database 11g/12c資格と、Java認定 資格(OCJP)およびJava EE 6資格で、次のとおり。

Javaバージョン
  • Java EE 6 Web Component Developer
  • OCJP Gold SE 8
  • OCJP Silver SE 8
  • OCJP Gold SE 7(移行試験)
  • OCJP Gold SE 7
  • OCJP Silver SE 7
  • OCJP Bronze SE 7/8
  • OCJP Gold SE 8(移行試験)
  • OCJ-P Java SE 6
Oracke Databaseバージョン
  • ORACLE MASTER Bronze 11g
  • ORACLE MASTER Gold 12c
  • ORACLE MASTER Bronze 12c
  • ORACLE MASTER Silver 12c

 各セミナーの詳細はこちらから確認のこと。

 セミナーの価格は、すべてのコースが2万8728円(税込み)。オンラインのセミナーコンテンツ有効期間は6か月間。視聴にはWebブラウザでFlash Playerの動作が必要になる。  なお、このセミナーは資格取得のための要履修コースの対象とはならない。また、eKit(電子テキスト)、演習(演習問題、演習環境)、Q&A機能が提供されないことに注意いただきたい。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0