Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

連日の残業から抜け出すためのLPIC取得が、仕事と育児の両立や勉強会の開催を実現する力の礎になった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平 愛美[著]
2017/03/28 08:00

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 平 愛美(タイラ マナミ)

    株式会社サーバーワークス クラウドインテグレーション部 MSP課にて、取り扱い製品サポートの業務改善を担当。オンプレミスで培ったスキルとクラウドのスキル、SaaSの知識などを組み合わせてDevOpsにも取り組む。

    2006年に地元熊本の大学を卒業後、中堅SIerでサーバーエンジニアとして6年間勤務。LPICレベル3 304(LPI-304 Virtualization & High Availability)の取得をきっかけとして、2013年4月に株式会社サーバーワークスに入社し、クラウドエンジニアへ転身。出産・育児で同社を一時離れたのち、2016年12月にサーバーワークスへ再入社して現職。

    離職中、テクニカルライターの仕事を行う傍ら、Linux女子部TechGIRLなどのエンジニア向けイベントの運営に携わる。主な著書は、『改訂3版 Linuxエンジニア養成読本』(寄稿、技術評論社 刊)、『Linuxシステム管理標準教科書』(共著、LPI-Japan)など。

バックナンバー

連載:もっと大きな声で伝えたい! 「受験体験記」ゴールド
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0