Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

Rails4技術者認定ブロンズ試験、学生と教員は受験料が半額に―Rails技術者認定試験運営委員会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/09 08:00

 Rails技術者認定試験運営委員会は、2月28日にスタートした「Rails4技術者認定ブロンズ試験」のCBT試験に関して、学生と教員は受験料を半額にすると発表した。同試験は、全国160か所にあるオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターにて実施されているが、通常の受験料金が1万円(税抜き)のところ、学生と教員に限って受験料が5000円(税抜き)になる。

 Rails4技術者認定ブロンズ試験受験料の半額対象者は、試験当日に、学生証もしくは教員証を提示した小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校ほか、Rails技術者認定試験運営委員会の認める学校に在籍する児童・生徒・学生・教員の人。

 Rails技術者認定試験運営委員会が認める学校、学生とは次のとおり。

  • 予備校生(本科生、学割証の発行される予備校生)または、 各種学校で1年以上の連続した就学期間による授業が定められたコースに通う学生(学割証の発行される学生)
  • 留学生などでISIC(International Student Identity Card)を所持している者
  • 盲学校、聾学校、養護学校
  • 防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学校、職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

 学割価格で受験する人は、試験会場への申込みの際に学割価格で申込みすること、所属する学校名を伝える必要がある。試験当日は、必ず「学生証」もしくは「教員証」をご持参のこと。

 Rails4技術者認定ブロンズ試験に関しての概要は、資格Zineの過去ニュースを参照していただきたい。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0