Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

IPA、平成28年度秋期情報処理技術者試験まであとわずか! 資格スクール提供の直前対策・解答速報情報をまとめてみた

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IPA(独立法人情報処理機構)が10月16日に実施する、「平成28年度秋期情報処理技術者試験」(以下、平成28年度秋期試験)まで、残り一週間を切った。IPAのWebサイトでも試験後に、問題冊子・配点割合・解答例・採点講評が掲載されるが、資格スクールには、解答速報を掲載したり、直前対策に役立つコンテンツを配布したりするなど、独自のサービスを無料で使えるところもある。いくつか紹介していこう。

自動採点サービスで大まかな合否を把握

 IT資格の対策講座を多数開講しているアイテックは、解答速報はもちろんだが、自動採点サービスを提供しているのが特徴。試験センターの解答発表後に、試験ごとの自動採点サービスが順次開始される予定だ。このサービスでは、午前試験に対する自身の解答内容を入力すると、IPAの解答例に基づいて採点され、試験結果を閲覧できるというもの(基本情報技術者試験のみ午後問題も対象、利用にはアイテックIDの登録が必要)。

 自動採点サービスと解答速報の対象となる試験区分は以下のとおり。

  • 基本情報技術者
  • 情報セキュリティマネジメント
  • 応用情報技術者
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • プロジェクトマネージャ
  • システム監査技術者
自動採点サービスは10月16日から順次開始(出典:[アイテックWebサイト](https://www.itec.co.jp/auto_mark/))
自動採点サービスは10月16日から順次開始(出典:アイテックWebサイト

 自動採点サービスを利用すると、午後問題に関して解答速報だけでなく、配点予想やこのスクール独自の試験講評も利用できる。それにより、IPAの合否発表前に自分の大まかな合否を把握できるという。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 近藤真佐子(資格Zine編集部)(コンドウ マサコ)

    翔泳社入社時に現資格Zine編集長の市古が所属していた月刊DBマガジン(休刊)編集部へ配属されたのち、10年ほど流浪の時を経て、再び同じ編集部にて仕事をすることになりました。DBマガジン編集部時代に記事を担当していたIT資格が今でも人気だということを知り、ITエンジニアと資格について改めて考えている最中。

この記事もオススメ

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0