Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

現場で評価される資格は? 資格で得た知識・スキルが役立つ場面とは? 講師・コンサル・CTOの意見交換で明らかに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/09 14:00

 IT技術を取り巻く様々な変化のもと、エンジニアに求められる知識・スキルは急激にその範囲を広げているようだ。それらを効率的に身につける方法として、今まで以上に「資格」学習・取得が注目されているが、一方では「資格は現場で役に立たない」という評価も少なくない。はたして価値があるのか。どのような資格取得が望ましいのか。2月18日に東京・目黒雅叙園で開催された翔泳社のIT技術カンファレンス「Developers Summit 2016」では、これをテーマにパネルディスカッションが開かれ(セッション番号:18-E-6)、3名のパネリストが意見を交換した。本稿ではその模様をレポートする。

本記事は「IT人材ラボ」に移転いたしました

 資格Zineの後継メディア「IT人材ラボ」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

バックナンバー

連載:イベントレポート
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0