Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

[70-487] Windows AzureとWebサービスの開発

MCSD 認定が終了してしまう前に。。。

  • 試験名:[70-487] Windows AzureとWebサービスの開発
  • 投稿者:ぺこ
  • 受験日:2017 年 01 月
  • 受験回数:1 回目
  • 試験の合否:合格
  • 総得点:812 点
  • 各セクションの得点/正解率
    データへのアクセス (80)
    Entity Framework を使用したデータの問い合わせと操作 (90)
    WCF Services の設計と実装 (65)
    Web API ベース サービスの作成と実装 (82)
    Web アプリケーションおよび WCF Services の展開(62)

試験の感想

試験名が「Windows Azure」となっていることからも
わかる通り、問われる知識が少し古めとなっています。

私の場合は
 「Cloud Services しか選択肢がなかった」時代に
 構築した Azure のシステムをメンテナンスする力を計測する
といった目的で受験しました。

2017/03/31 に終了してしまう MCSD: Web Applications を
取得するためでもあります。

70-480 試験ほどはWeb開発の知識は問われず、
C#開発にウェイトが置かれているように思いました。

資格取得の理由

昇進のため

昇給・報奨金のため

自分のスキルアップのため

実務経験・知識

実務経験10年以上
試験範囲の75%程度の知識はあった

学習日数

20 日

学習教材(満足度)

mindhub 社の演習問題 (90%)
MSDN (70%)

学習の方法や時間帯

会社との行き帰りの電車内でmindhubアプリを使用

アドバイス

Azureを使用した新規システム構築を考えているのであれば、
70-534 を受験されると良いと思います。70-534 の方がより新しく
幅広い Azure のサービス知識が問われるためです。
※日本語での受験も可能となりました。

次の目標

情報処理安全確保支援士

性別と年齢

男性(35 歳)

就いている業種

システムインテグレータ

就いている職種

ソフトウェア開発

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0