Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

OSS-DB Silver試験を採用した富士通ミドルウェアマスター新資格を発表―富士通とLPI-Japanがパートナーシップ締結で

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/31 13:28

 富士通とLPI-Japanは3月31日、オープンソースソフトウェアデータベースの「PostgreSQL」の技術者育成に向けてパートナーシップを締結したことを発表した。これを受け、富士通のミドルウェア関連の技術者認定制度「富士通ミドルウェアマスター」のデータベース資格で、LPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験Silver」(以下、OSS-DB Exam Silver)を採用する。試験の申し込み受付は4月1日より。富士通は2018年3月末までに、富士通グループ全体でOSS-DB Exam Silverの合格者が1000名規模に増えることを見込んでいる。

本記事は「IT人材ラボ」に移転いたしました

 資格Zineの後継メディア「IT人材ラボ」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0