Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

Rails4技術者認定ブロンズ試験のCBT試験が全国で本日スタート―Rails技術者認定試験運営委員会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/28 08:00

 Rails技術者認定試験運営委員会は、「Rails4技術者認定ブロンズ試験」のCBT試験開始を発表した。全国160か所にあるオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターにて、本日2月28日より実施される。受験料金は1万円(税抜き)、試験時間は1時間、合格ラインは7割の正解が必要になる。

 Rails技術者認定試験は、Rubyによって書かれたオープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」の専門知識があることを認定する。「Rails4技術者認定ブロンズ試験」はRuby on Rails 4の基礎知識を問うもので、これまで実施されてきたのはペーパー試験のみだった(資格Zineの過去ニュース)。これが本日より、CBT(Computer Based Testing)方式での試験も開始となる。なお、上位試験の「Rails4技術者認定シルバー試験」については、すでにCBT方式による試験が実施されている。

 CBT方式によるRails4技術者認定ブロンズ試験は、全国のオデッセイコミュニケーションズ認定試験会場にて受けられる。設問数は40問、試験時間は1時間、合格基準は7割正解、出題形式は選択式(単一または複数選択)。出題範囲は以下のとおり。

「Rails4技術者認定ブロンズ試験」の出題範囲
項目 出題割合
1. Ruby on Railsの基本 10%
2. Scaffolding機能によるRails開発の基礎 10%
3. ビュー開発とヘルパー 20%
4. モデル開発 20%
5. コントローラ開発とルーティング 20%
6. テスト(MiniTest) 10%
7. メールと国際化 10%

 上記の試験範囲の詳細は、Rails技術者認定試験の公式Webサイトで公開されるほか、公開時には公式Twitterアカウント「@railscp」にて通知される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0