Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

ITコーディネータ協会、プロセスガイドライン改訂に伴う試験出題範囲の変更を発表、2017年8~9月第36回から実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/03 16:10

 ITコーディネータ協会は10月3日、ITコーディネータ資格者を認定するために、年に2度実施しているITコーディネータ試験(以下、ITC試験)の試験出題範囲変更に関し、実行時期や変更内容について発表した。

 ITコーディネータとは、経営に役立つIT活用に向け、経営者の立場から助言・支援を行い、IT経営を実現する人材、または資格名のこと。

 9月26日に、ITコーディネータの備えるべき実践力や仕事の進め方についてまとめ、公開しているプロセスガイドライン:PGL(旧ITコーディネータ・プロセスガイドライン)をバージョン3.0に改訂し、名称を「IT経営推進プロセスガイドライン」に改めて発刊したが、その内容を受けて試験出題範囲が変更される。

変更内容は以下のとおり。

実施時期
 2017年8〜9月に実施する第36回ITC試験および専門スキル特別認定試験から。
変更内容
 試験の出題範囲(テキスト)としている、「ITコーディネータプロセスガイドライン Ver.2.0」および「ITコーディネータ実践力ガイドライン Ver.2.1」のうち、「ITコーディネータプロセスガイドライン Ver.2.0」を「IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.0」に変更。
変更の理由
 2016年9月末に「ITTコーディネータプロセスガイドライン Ver.2.0」を改訂した「IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.0」を発刊したことから、研修教材についても内容の改訂を行う。
その他の留意事項
 2017年2月から実施する第35回ITC試験および専門スキル特別認定試験は、「ITコーディネータプロセスガイドライン Ver.2.0」を出題範囲(テキスト)とする最終回の試験となる。また、ITコーディネータ資格者を認定するために年2回実施しているケース研修についても、2017年6月に実施するケース研修教材から「IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.0」に対応した内容に変更される。

 なお、「IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.0」はITコーディネータ協会Webサイトから購入可能。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0