Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

LPICレベル1~3の資格データベース/Javaの開発環境の構築(Windows編)

-[Vol.026]-------------------------------------------------------
このメールは資格Zineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━ <注目記事> ━━━━━━━━━━━━━
〈もっと大きな声で伝えたい! 「受験体験記」ゴールド | #3〉
Linuxにのめり込み独学で習熟、それでもLPIC資格を取得したわけと合格までの
学習方法【前編】-> 株式会社クレスコ プラットフォームソリューション事業部の
早坂一王さんがLPICレベル3取得の動機やメリット、合格までの学習方法を語る。
http://shikakuzine.jp/article/detail/294?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資格取得に向けてホップ! ステップ! 今年こそ大ジャンプ!
あけましておめでとうございます。
資格Zineのうさぎ編集長こと、市古(いちご)です。

人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが昨年12月
13日に「2017年に求人が増える今最も旬な職業」を発表しました。これは2016年下
半期の求人件数動向と弊社コンサルタントへの調査の結果から、2017年の国内転職
市場で求人が増えると思われる職業を発表したもので、次の5つが挙がっていまし
た。

1. バイリンガルのカスタマーサポート
2. インダストリアル・インターネット技術者
3. AI(人工知能)・ロボット工学技術者
4. 自動運転の技術者
5. データサイエンティスト

1.を除き、いずれもITに関連の深い職業です。2.は製造業のIoT(モノのインター
ネット)の技術者を指しており、産業機械をインターネットにつなげてセンサーか
ら送られてくるデータを分析して顧客の価値を創出できる人材です。ここには5.の
データサイエンティストも関係してきます。3.と4.も、センサーデータとその分析
(に加えて次のアクションの提示)が重要な点でIoTとほぼ共通します。

ただし、いずれも相当に高度な知識やスキルが求められる職業ばかりです。そこで
、少しでもこれらの技術者に近づくために役立ちそうな資格を探してみました。全
部はそろいませんでしたが、IoTとデータサイエンティストの資格は見つかりまし
た。以下に紹介しましょう。

■IoT検定
昨年5月に「IoT検定レベル1試験 プロフェッショナル・コーディネータ」から始め
られた新しい資格です。全国150か所のプロメトリック試験会場で受験できます。
ただし、IoT検定にある説明を見ると、本格的にIoTを導入し業務を始めるには「Io
T検定レベル2試験 プロフェッショナル・エンジニア」以上に合格できるスキルが
必要なように感じました。レベル2とさらに上位の「IoT検定レベル3試験 プロフ
ェッショナル・アーキテクト」の検定は、2017年中のスタートを目指して準備が進
められているようです。


■Pythonエンジニア認定試験
こちらも昨年認定団体(Pythonエンジニア育成推進協会)が発足したばかりの新し
い資格です。現在はベータ試験を実施中で今春にも本試験が開始される予定です。
Pythonはプログラミング言語の1つで最新バージョンは3。検定もバージョン3を対
象にしています。データ分析向けのライブラリが充実しており、その分野で盛んに
使用されていることから、日本でも昨年から学習するエンジニアが増えました。
といっても、Pythonは構文がシンプルでプログラムの作成・実行がしやすいので、
これからプログラミングを学ぼうという方にもお勧めの言語です。


■CCPデータサイエンティスト
初めて知る方が多いかもしれません。これはビッグデータ分析で標準的に使われて
いるオープンソースソフトウェア「Apache Hadoop」の商用製品を開発している
Cloudera社が認定している資格です。そもそもデータサイエンティストとは、統計
学など分析のための知識と、コンピュータでデータを扱う技術の両方を持つ人材を
指します。この資格の試験も、Apache HadoopほかCloudera社が提供している各種
ツールや、Pythonなど一般的に利用可能な処理系を駆使して、出題されるデータ分
析の課題を解くものになっています。これから注目の資格の1つです。


いかがでしょうか。個人的にはそのほか、情報セキュリティと、子供のプログラミ
ング教育に関する資格やトレーニングにも注目しています。これらについては機会
を改めてご紹介したいと思います。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 学習書の新刊情報
[5] みなさまの「受験体験記」を募集中
[6] 記事のリクエストも大歓迎です
[7] 配信停止の方法

資格ZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter   => 
* Facebook => https://www.facebook.com/shikakuzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(12/19~1/9)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆LPI認定資格 LPICレベル1とは
〈試験内容や資格体系がぱぱっとわかる「最新資格データベース」〉
 LPIC(Linux Professional Institute Certification、呼称:エルピック)は、
NPO法人/Linux技術者認定機関のLPI(エルピーアイ、本部:カナダ)が実施してい
るLinux技術者認定制度です。日本では特定非営利活動法人LPI-Japanが運営してお
り、国内での累計受験者は28万人(2016年10月時点)を超える、大変人気のある資
格です。試験では、Linuxのシステム管理やサーバ構築など、技術やその運用に関
する知識が問われます。本稿では3つあるLPICのレベルのうち、エントリーレベル
のレベル1について説明します。
http://shikakuzine.jp/article/detail/318?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

◆LPI認定資格 LPICレベル2とは
〈試験内容や資格体系がぱぱっとわかる「最新資格データベース」〉
本稿では3つあるLPICのレベルのうち、中位のレベル2について説明します。
http://shikakuzine.jp/article/detail/322?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

◆LPI認定資格 LPICレベル3とは
〈試験内容や資格体系がぱぱっとわかる「最新資格データベース」〉
本稿では3つあるLPICのレベルのうち、Linuxに関連するセキュリティや仮想化など
専門的な知識が問われる最上位のレベル3について説明します。
http://shikakuzine.jp/article/detail/327?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

◆今すぐ設定できる!Javaの開発環境の構築方法(Windows編)【初心者向け】
〈TechAcademyマガジン セレクション | #3〉
 これからJavaでプログラミングを始めようと思っているWindowsユーザー向けに
、本稿ではJavaの開発環境を構築する方法を解説します。開発環境の定番ツール「
Eclipse」をインストールし、Javaでのプログラミングができるように設定してい
きます。オラクルがJavaプログラミングに関する知識を認定する資格「Oracle Cer
tified Java Programmer」(特にBronzeやSilver)の取得をこれから目指す方が、
試験に向けた学習環境を準備するのにも本稿が役立つでしょう。
http://shikakuzine.jp/article/detail/321?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(12/19~1/9)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ORACLE MASTERとJava認定資格の無料セミナー4本を2月・3月に開催―日本オラク
 ル、教室とオンラインで(01-05)
http://shikakuzine.jp/article/detail/353?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・オラクル認定資格のサンプル問題&解説で受験準備ができる受験者応援キャンペ
 ーン—日本オラクルが実施(01-04)
http://shikakuzine.jp/article/detail/352?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・HTML5を活用した業務アプリ開発セミナーを無料開催—富士通ラーニングメディ
 アが2月8日に(12-28)
http://shikakuzine.jp/article/detail/350?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・平成29年度 春期情報処理技術者試験向け「WEB学習コース」を10%オフ、1月末
 まで―アイテック(12-27)
http://shikakuzine.jp/article/detail/348?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・無料視聴可能なAWSオンラインセミナー、1月のラインナップを紹介—アマゾン
 ウェブ サービスが提供(12-26)
http://shikakuzine.jp/article/detail/349?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1のポイント解説無料セミナー、
 LPI-Japanが大阪で1月28日に開催(12-26)
http://shikakuzine.jp/article/detail/347?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・LPIC、OSS-DB、HTML5の試験対策勉強会(無料)を開催―LPI-Japanが2017年1月
 ~3月に(12-22)
http://shikakuzine.jp/article/detail/334?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・Clouderaが認定試験の刷新を発表、最新のデータソリューションに対応―2017年
 1月より(12-22)
http://shikakuzine.jp/article/detail/341?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・「HTML5 Enterprise Seminar 2017」を来年1月18日に無料開催、企業システムで
 のHTML5検討・利用事例など―新日鉄住金ソリューションズ(12-22)
http://shikakuzine.jp/article/detail/344?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・CompTIA A+の理解に役立つハードウェアトラブルシューティング研修(無料)
 ―ウチダ人材開発センタが開催(12-21)
http://shikakuzine.jp/article/detail/343?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・NECマネジメントパートナー、コンピュータセキュリティインシデントチーム
 向けの新トレーニング、3コースを3月に開催(12-21)
http://shikakuzine.jp/article/detail/331?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・NECマネジメントパートナー、上級者へのステップ「PHPスキルアップキャンペー
 ン」を開催、2月22日開始コースまで(12-20)
http://shikakuzine.jp/article/detail/332?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

・シスコ、Twitterフォロワー限定の受験バウチャープレゼントを再び実施、
 2017年1月11日〆切(12-20)
http://shikakuzine.jp/article/detail/342?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(12/17~1/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 LPI認定資格 LPICレベル3とは
http://shikakuzine.jp/article/detail/327?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

●2位 Linuxにのめり込み独学で習熟、それでもLPIC資格を取得したわけと合格ま
 での学習方法【前編】
http://shikakuzine.jp/article/detail/294?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

●3位 LPI認定資格 LPICレベル1とは
http://shikakuzine.jp/article/detail/318?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

●4位 LPI認定資格 LPICレベル2とは
http://shikakuzine.jp/article/detail/322?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

●5位 今すぐ設定できる!Javaの開発環境の構築方法(Windows編)【初心者向け
 】
http://shikakuzine.jp/article/detail/321?utm_source=sz-news&utm_medium=email&utm_campaign=sz-news20170109

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 学習書の新刊:14冊(12/19~1/9)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『平成29年度【春期】情報セキュリティマネジメント パーフェクトラーニング
 過去問題集』
著者:庄司勝哉、吉川允樹
刊行:技術評論社
仕様:B5判/320ページ/1,598円(税込み)

出題テーマの重要知識と問題の選択肢の分析で、知識と解き方が同時に身につく。
図解も豊富。左ページに問題、右ページに解説の見開き構成で学習しやすい。マー
クシート式答案用紙、重要用語の解説、関連問題が見つかる索引付き。

◆『平成29年度【春期】情報処理安全確保支援士 パーフェクトラーニング対策
 問題集』
著者:エディフィストラーニング株式会社
刊行:技術評論社
仕様:B5判/320ページ/3,218円(税込み)

ベースとなる情報セキュリティスペシャリスト試験の過去問題16回分を提供。午前
問題は見開き構成で正解と解説を素早く確認。午後問題は一問一答形式で、考え方
の流れが分かる詳細な解説付き。用語解説・コラムを多数掲載。答案用紙も収録。

◆『平成29年度【春期】応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集』
著者:加藤 昭、高見澤秀幸、矢野龍王
刊行:技術評論社
仕様:B5判/464ページ/1,922円(税込み)

豊富な図解で入門者にもやさしくよくわかる。マークシート・記述式答案用紙や重
要用語の確認、該当問題の検索に使える索引付き。最新過去4回分の本試験問題・
解説を収録。平成22年度春期~26年度秋期の問題・解説をダウンロードできる。

◆『情報セキュリティマネジメント試験 対策テキスト&過去問題集 平成29年度
 版』
著者:富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版) 
刊行:富士通エフ・オー・エム FOM出版
仕様:B5変形判/373ページ/2,376円(税込み)

IPAが公開されているシラバス(試験範囲の細目)Ver1.1に記載されている用語を
網羅。第1章~第8章の章末には基本情報技術者、応用情報技術者、情報セキュリ
ティスペシャリストの過去問題から出題されそうな100問抽出し、詳細に解説。

◆『ITパスポート 合格講座 改訂第2版』
監修:矢沢 久雄
刊行:日経BP社
仕様:A5判/320ページ/1,620円(税込み)

ITパスポート試験のシラバスVer3.0で盛り込まれた新しい用語も説明。学習や受験
の前に知っておきたいことや出題ポイント(用語の意味なのか計算なのかなど)を
紹介し、解説後の過去問題でどのように出題されたかを体験し理解度をアップ。

◆『MOS対策テキスト Excel 2016』
著者:土岐順子
刊行:日経BP社
仕様:A4変形判/320ページ/1,296円(税込み)

個々の機能について、練習問題+機能の説明+操作手順という3ステップで学習。
MOS 2016からの新試験形式「マルチプロジェクト」での解答手順や注意点、受験時
のアドバイスなども説明。実習用データと模擬テスト体験版をダウンロード提供。

◆『Cisco試験対策 Cisco CCNA Routing and Switching/CCENT問題集』
著者:Gene、松田千賀
刊行:SBクリエイティブ
仕様:A5判/972ページ/3,758円(税込み)

2016年8月からのv3.0試験に対応。1冊でICND1とICND2の試験範囲をカバーし試験の
傾向を考慮した実践的な問題を揃えた。問題集ながら、テキストとしても活用でき
る内容となっているという。

◆『60点合格を目指す! 情報セキュリティマネジメント直前対策の本』
著者:中澤達彦
刊行:秀和システム
仕様:A5判/389ページ/2,160円(税込み)

平成29年度春期試験「出るところだけ」を学ぶ。問題の読み解き方や答えの導き方
がわかる受験テクニックも解説。229問を解いて、自己採点して、解説を確認して
重要ポイントを振り返る3段学習法になっている。

◆『徹底攻略 応用情報技術者 過去問題集 平成29年度(2017年度) 春期・秋期』
著者:五十嵐 聡
刊行:秀和システム
仕様:B5判/535ページ/1,814円(税込み)

巻頭に2本の午後対策特集「集中攻略」「特訓道場」を収録し、つまずきがちな午
後問題への対策も充実。午前問題のレイアウトは、問題文を左ページ、解答・解説
を右ページに配置して見やすく。紙面とPDFで計13回分の過去問題・解説を提供。

◆『やさしい応用情報技術者講座 2017年版』
著者:高橋麻奈
刊行:SBクリエイティブ
仕様:A5判/552ページ/2,786円(税込み)

イメージで理解できる図解。重要な用語を小見出しに使い、本文内では色文字にし
て覚えておくべきキーワードが一目でわかる。各節末の過去問題の解説で、知識か
ら解き方につなげる応用力が身につく。試験直前チェックリスト付き。

◆『これで合格! 情報処理安全確保支援士試験』
著者:早川洋志、藤田尚也
監修:ITのプロ46代表 三好康之
刊行:マイナビ出版
仕様:A5判/400ページ/3,154円(税込み)

合格に重要な午後問題に絞り込んだ構成。知識があれば解ける設問は「関連知識を
過去問題と共に覚えていく」テクニックを解説。状況を正確に把握しないと解けな
い設問は「短時間で状況を正確に把握し、解答する」テクニックを解説。

◆『やさしい情報処理安全確保支援士講座』
著者:高橋麻奈
刊行:SBクリエイティブ
仕様:A5判/400ページ/3,110円(税込み)

情報セキュリティ技術者に求められる広範な知識から、合格のポイントになるとこ
ろを、読みやすい解説文とイメージできる図解で解説。過去の情報処理技術者試験
から厳選した問題の解き方を解説し、基礎知識から合格への応用力が身につく。

◆『平成29年度【春期】基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集』
著者:山本三雄
刊行:技術評論社
仕様:B5判/576ページ/1,598円(税込み)

合計12回分の演習ができる。午前は見開き構成で、目の移動だけで「解く」「解説
を読む」「正解チェック」が可能。難易度や頻出問題も一目でわかる。午後問題も
解説。答案用紙を収録し、重要キーワードやよくでる重要公式集も付いている。

◆『キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者 平成29年度』
著者:きたみりゅうじ
刊行:技術評論社
仕様:A5判/800ページ/3,542円(税込み)

すべての解説をイラストベースで解説。応用情報技術者試験で大切という「試験範
囲の内容をひととおり理解して試験の内容を理解し対策すること」ができる。過去
問題の解説は金子則彦氏、監修は放送大学 長岡部洋一大学長。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] みなさまの「受験体験記」を募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
合格された方も、惜しくも不合格だった方も、懸命に取り組んだことの証として、
また振り返りとして、他の受験者やこれから受験される方と共有してみませんか?
国家試験、ベンダ試験を問わず絶賛募集中です!
http://shikakuzine.jp/memoir/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[7] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらのページの「資格Zine News」の枠にアドレスを入れ解除してください。
https://sems.shoeisha.com/ml/cancel

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
  広告出稿については、 までご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 資格Zine編集部
(c)2015-2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0