Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

[70-480] HTML5とJavaScriptおよびCSS3との組み合わせによるプログラミング

日本語受験時の注意点について

  • 試験名:[70-480] HTML5とJavaScriptおよびCSS3との組み合わせによるプログラミング
  • 投稿者:ぺこ
  • 受験日:2016 年 11 月
  • 受験回数:1 回目
  • 試験の合否:合格
  • 総得点:780 点
  • 各セクションの得点/正解率
    ドキュメントの構造とオブジェクトの実装と操作 (100%)
    プログラム フローの実装 (50%)
    データのアクセスとセキュリティ保護 (80%)
    アプリケーションでの CSS3 の使用 (60%)

試験の感想

普段の業務ではWEB開発はしていませんので、
後述の学習教材にて各種文法を学習しました。
分野は違えど、何らかのプログラミング技術があり、
WEB開発の基本的な構文を学習すれば合格できる
難易度だと思います。

昨年MCPの資格体系が大幅に変わり、
唯一のMCSD資格である「App Builder」が登場しました。
このMCSD資格は前提条件として
 MCSA「Web Applications」
 MCSA「Universal Windows Platform」
のどちらかを取得する必要があります。

この試験は「配信開始:2012年8月20日」と古い試験では
ありますが、MCSA「Web Applications」の前提条件と
なりますので、現在でも重要度の高い試験です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0