Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

[70-345] Microsoft Exchange Server 2016 の設計と展開

Exchange Server 2013の基礎知識が活用できます

  • 試験名:[70-345] Microsoft Exchange Server 2016 の設計と展開
  • 投稿者:ぽんた
  • 受験日:2016 年 12 月
  • 受験回数:1 回目
  • 試験の合否:合格
  • 総得点:837 点
  • 各セクションの得点/正解率

試験の感想

MCSE:Messagingの資格を持っており、Exchange Server 2016の試験に
どこまで挑めるのかを確認するために受験しました。

Exchange Server 2016については日本語の情報が少ないので、以下の
勉強をして試験に臨みました。

 ・以下のMicrosoft認定コースウェアのテキスト再学習
   #23341 Microsoft Exchange Server 2013のコアソリューション
   #23342 Microosft Exchange Server 2013の高度なソリューション
 ・Exchange Server 2016の強化ポイントをTechnet資料で学習
 ・(Webページの試験情報を元に)Technet資料などで構築・運用手順を学習
 ・実機による上記知識の実践

結論からいうと、Microsoft認定コースウェアでの再学習が一番役に立ちました。
ハンズオンも使用するコマンドレットや作業順番を覚えておいたのが効果的でした。

ただ、それだけでは不十分で、Technetでの学習が役に立ったところもありました。
特にExchange Server 2016向けに記事が出ている所が試験にも使われていた気が
します。特に試験で目にしたのが「システム構築関連」「コンプライアンス管理全般」
「ハイブリッド展開全般」です。Exchange Server 2016で変更があった箇所は
きちんと理解して、かつコマンドレットも把握しておく必要があると感じました。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0