Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

[70-640] Windows Server 2008 Active Directoryの構成

セカンドショットに救われて

  • 試験名:[70-640] Windows Server 2008 Active Directoryの構成
  • 投稿者:シマリスくん
  • 受験日:2016 年 01 月
  • 受験回数:2 回目
  • 試験の合否:合格
  • 総得点:723 点
  • 各セクションの得点/正解率

試験の感想

・翔泳社出版:『MCP教科書 Windows Server 2008 Active Directory(試験番号:70-640)第2版』
・日経BP社出版:『ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2008 R2版』

上記2冊の教本を参考に、VirtualBoxを使用して、ドメインコントローラーを構築します。
親ドメイン・子ドメイン・セカンダリードメインコントローラー・DNSサーバー・
証明書サービス・Webサーバーなど、7台ほどサーバーを構築しました。

『ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2008 R2版』は、
大判書籍とあって、スペースを惜しまず図解やスクリーンショットが多用されており
実機を触る上で、初見の方でも手順に迷うことなく丁寧に解説されております。

『MCP教科書 Windows Server 2008 Active Directory(試験番号:70-640)第2版』では、
用語の解説が充実しており、辞典代わりに利用しておりました。
個々の機能の具体性を理解できるよう、例を用いて解説されているため理解し易かったと思いました。

2冊の内容を一通り実機で学習した後、模擬問題を解き試験対策を行いました。
レプリケーション機能・DNSゾーン・証明書の発行~要求の分野は、一通り実機に触れ
勉強することをお勧めします。

個人的な感想ですが、教本のみでの学習で、試験に合格することは厳しく思います。
実機に触れていないと、試験問題を読解することすら難しいと思います。
特にコマンドを問われる問題は、その様に強く感じました。

因みに自分は、セカンドショットキャンペーン時に受験し、今試験で初めてMCPを取得しました。
1回目の試験では、662点で不合格。2回目の試験で723点で合格しました。
試験に落ちた時のモチベーション低下を、少しでも食い止めるためにも、
セカンドショットキャンペーン時に受験する事をオススメします。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

関連する学習書

[70-640] Windows Server 2008 Active Directoryの構成の学習書一覧

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0