Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

ソーシャルPM実践ワークショップの概要紹介とワークショップが体験できる―PMI日本支部が7月にセミナーを開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/07 08:00

 PMI日本支部は、現在提供中の「ソーシャルPM実践ワークショップ2017」の概要紹介とその内容の入門部分を体験できるセミナーを7月1日(土)に開催する。定員は25名、セミナー参加費は1000円。希望者はセミナー終了後に行われる交流会への参加も可能(参加費は500円)。

 PMI日本支部は、社会(ソーシャル)課題を解決するための手法を学ぶ「ソーシャルPM実践ワークショップ2017」を実施中だ。資格Zineでも、以前ワークショップ内容を紹介している。

 ソーシャルPM(プロジェクトマネジメント)には、ソーシャル課題(復興支援、まちづくり、環境問題、医療・福祉など)を解決するために、デザインから実施に至るまで、現場の声を包括的に吸い上げ、仮説立案・実行・検証サイクルをより高速に行うことが求められる。また、利害関係者(ステークホルダー)に対し、地域への価値(ベネフィット)を明らかにするという説明責任を果たしながら、選択と集中を行って投資価値を最適化(ポートフォリオ)する必要がある。

 今回のセミナーでは、ソーシャル課題に取り組むために習得すべき「インサイト[1]を引き出す」プロジェクトマネジメント手法を体験するとともに、PMI日本支部が現在開催中の「ソーシャルPM実践ワークショップ2017」の6コースを紹介する。なお、6コースのうち、今年の2月に「ソーシャル・デザイン思考実践」が、4月に「ソーシャル・ベネフィットマネジメント実践」がすでに行われている。

 受講対象として想定されているのは次に当てはまる人。

  • プロジェクト・マネジャーとしての活躍の場をソーシャル課題の解決に拡げたい人
  • ソーシャル活動のプロジェクトマネジメントを改善したい人
  • ソーシャル・プロジェクトマネジメントに関心のある人
  • プロジェクト・マネジャーとしてコミュニティ活動に携わっている人

 セミナーの開催概要は次のとおり。                        

日時 2017年7月1日(土)13:30〜17:30(13:00受付開始)
※17:45〜18:45に希望者は交流会に参加可能
会場 PMI日本支部 3Fセミナールーム(東京都中央区日本橋)
講師 PMI日本支部ソーシャルPM研究会メンバー
定員 25名(定員に達し次第締め切り)
参加費 1000円(当日受付払い)
申し込み こちらから

[1]: インサイトとは、マーケティング用語として用いられた場合、生活者の意識や行動を深く掘り下げ、彼らが気づいていない意識を見抜くことを意味する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0