Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

第2回IoTシステム技術検定試験 中級検定を7月8日に開催―モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが申し込み受付中

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/09 14:00

 モバイルコンピューティング推進コンソーシアムは、7月8日(土)に行われる第2回IoTシステム技術検定試験 中級検定の申し込みを受付中だ。申し込み期間は6月20日(火)まで。試験会場は東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、仙台、さいたま、金沢など、全国12か所。受験料は一般が1万5100円(税込み)。

 IoTシステム技術検定試験は、IoTシステムの構築・活用に関する知識を中心に、その習熟度を検定し、技術者の対応力向上を目的として行われる。なお、第1回中級検定は2016年12月に行われており、今回は第2回目。資格体系は初級、中級、上級の3段階があり、今回実施されるのは中級。

 中級で必要とされる知識レベルは次のとおり。

IoTシステムを構成する基本技術習得
  • IoTシステム構成と構築技術
  • センサ/アクチュエータ技術と通信方式
  • IoTデータ活用技術
  • IoT情報セキュリティ対策技術
  • IoTシステムのプロトタイピング技術

 また、運用可能な実務レベルとして、「IoTシステム全体を俯瞰することができ、顧客の要求または提案の要点を的確に把握でき、システム構築の外洋が描ける」ことがあげられている。

 試験概要は次のとおり。                           

「第2回IoTシステム技術検定試験 中級検定」実施概要
日時 2017年7月8日(土)9:50〜11:20(9:00〜受付開始)
問題数・出題形式 80問/選択式(マークシート)
試験時間 90分
(試験開始前に別途20分のガイダンスがあり)
試験会場 東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、仙台、さいたま、金沢、広島、 高松、福岡
受験料(税込み)
  • 1万5100円(一般)
  • 1万800円(会員)
  • 1万2900円(協力団体)
申し込み

 検定試験公式テキスト『IoT技術テキスト― MCPC「IoTシステム技術検定」対応 ―』の購入はこちらから。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0