Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

Watsonを活用するアプリケーション開発の認定資格が日本語試験で取得可能に―日本IBM

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/20 16:00

 日本IBMは、自然言語を理解/学習し、人間の意思決定を支援するシステム「IBM Watson(ワトソン)」を活用するアプリケーション開発のスキルを認定する資格「IBM Watson Application Development」を取得できる日本語試験の配信を本日開始した。IBMプロフェッショナル資格認定制度の資格の1つで、認定はグローバルに通用する。試験に合格すると「IBM Certified Application Developer-Watson」資格が得られる。受験料は2万1600円(税込み)。

 IBM Watson(以下、Watson)は、IBMが開発した質問応答/意思決定支援システム。IBMはWatsonを自然言語を理解して学習したうえで、人間の意志決定を支援する「コグニティブ・コンピューティング・システム(Cognitive Computing System)」としている。順調にユーザーを増やしている模様で、日本経済新聞が伝えるところによると、Watsonを使用したサービスやソフトウェアの売上高は1年で1兆円に上っているという。

 「IBM Watson Application Development」資格認定試験では、人工知能の概念や特徴、機械学習技術といった基礎知識から、開発および具体的な利用ケースの知識、さらにWatsonの主要なアプリケーション・インターフェース(API)の機能や利用方法をはじめ、複数のAPIを組み合わせて構成する方法など、Watsonを用いたシステム構築のための実践的な知識の習得を認定する。

 なお、当資格の認定試験に合格すると、「IBM Certified Application Developer-Watson」の資格と、デジタルに資格情報を証明できるIBM Watsonデベロッパー認定の「バッジ」を取得可能。

 試験概要は次のとおり。

「IBM Watson Application Development」認定資格の試験概要
試験名 IBM Watson V3 Application Development(試験番号:C7020-230)
質問数/解答時間/正答率 64問/105分/70%
出題項目
  • セクション1:コグニティブ・コンピューティングの基礎
  • セクション2:コグニティブ・サービスのユース・ケース
  • セクション3:IBM Watson Developer Cloud の基礎
  • セクション4:Watson Developer Cloud サービスを使用したコグニティブ・アプリケーションの開発
  • セクション5:IBM Watson Developer Cloud サービスを使用したアプリケーションの管理&DevOps
受験料 2万1600円(税込み)

 試験の申し込みは、テスト配信会社ピアソンVUEのWebサイトから行える。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0