Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

90日で稼げるプログラマーを目指すオンライン学習サービス「PyQ」を販売開始―ビープラウド

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/14 08:00

 Webシステム開発やPython開発研修を提供するビープラウドは、Webブラウザで、Python言語のプログラミングを学ぶオンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」の販売を開始した。利用料金は月額制を採用しており、個人向け料金プランが月額2980円(税込み)から、10人までの企業向けチームプランが月額3万4800円(税込み)からとなっている。

 PyQの主な特徴は次のとおり。

150時間でエンジニアになれる
PyQ(パイキュー)の販売元ビープラウドによれば、本製品を仕様した同社実施のモニターテストで、プログラム未経験の人が平均150時間で、仕様書からプログラムが作れるようになるという。つまり、一日約2時間弱の学習を90日続ければ、エンジニアへの第一歩が踏み出せと試算できる。
作りながら学べる
プログラミングを知識としてではなく、実際に手を動かしながら学べる。400問以上の問題を通して、自分の手でプログラムを書いた経験が得られる。また、問題のレベルは初心者から中級者を対象としている。
実務に近いコンテンツと解答を用意
学習コンテンツはすべて実務を元にして作られているので、プログラミングという仕事の感覚がつかめる。

 そのほかビープラウドでは、Webブラウザがあれば学習が始められる、学習コンテンツがオンラインで自動的にアップデートされるといった特徴を挙げている。

PyQの学習イメージ(出典:[プレスリリース](http://www.beproud.jp/news/20170412/))
PyQの学習イメージ(出典:プレスリリース

 Pythonは、AI(人工知能)や機械学習、ディープラーニングなどの分野で広く利用されていることから、最近注目を集めている言語。それ以外にもWebアプリケーション開発やビッグデータ処理、インフラ構築など、さまざまなプログラムで利用できる。文法がシンプルであるため、最初に学ぶ言語としても適している。

 PyQの利用環境と利用料金は次のとおり。利用料金は月額で、すべて税込み。企業向けチームプランは10名までとなる。

動作確認済み環境
  • Google Chrome(最新版)
  • Firefox(最新版)
個人向け料金プラン
  • ライト:2980円
  • スタンダード:7980円
  • メンター:2万9980円
  • プレミアム:9万8000円
企業向けチームプラン
  • チームライト:3万4800円
  • チームスタンダード:8万4800円
  • チームメンター:29万8000円

 両プランの「ライト」版に含まれているのはPyQの使用のみ。「スタンダード」版にはメールサポートが加わり、「メンター」版にはさらにチャットサポートやオフライン連絡、追加課題とレビューが加わる。また、個人向けプランでは、スタンダード版にプレミアムサポートが付随したプレミアム版を提供。企業向けチームプランではすべてチーム機能が含まれている。

 各プランの詳細はこちらを確認のこと。

 なお、このサービスを販売開始したビープラウドは、代表取締役社長の佐藤治夫氏がPythonエンジニア育成推進協会で監事を、また同社の鈴木たかのり氏がPythonエンジニア認定基礎試験の試験問題監修を務めており、今後本格的な開始が予定されているPythonエンジニア認定資格とも関わりが深い。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事もオススメ

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0