Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

VCP5-DCVの再認定を忘れてしまった人に向けトレーニングを開催―ヴイエムウェアが教室とオンラインで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/05 15:10

 ヴィエムウェアは、ヴイエムウェア認定資格「VMware Certified Professional Data Center Virtualization」(以下、VCP-DCV)の再認定を目指す人向けのトレーニング「VCPリターンズ! 応援企画」を教室とオンラインにて開催する。トレーニング費用は教室とオンラインのどちらも20ラーニングクレジット(受講料+試験バウチャー)の購入が必要となり、19万0200円(税抜き)。教室でのトレーニング開催は4月と5月の2回を予定しており、オンラインの場合は納品より30日間受講可能だ。

 VCP-DCVは、ヴィエムウェアの提供するデータセンター仮想化製品「vSphere」に関する知識を有していることを示せるワールドワイドな資格。VCPの下位にはVCA(VMware Certified Associate)、上位資格にVCAP(VMware Certified Advanced Professional)、VCIX(VMware Certified Implementation Expert)がある。VCP-DCVの最新版はvSphereバージョン6に対応するため「VCP6-DCV」と呼ばれている。試験はCBT方式が用いられ、ピアソンVUEの認定試験会場にて日本語で受験可能だ。

 VCP資格には試験合格後2年間という有効期限がある。資格を保持し続けるには現在リリース中のVCP資格試験に合格するか、上位資格試験に合格する必要がある。保持している資格が失効した場合、新規資格取得と同じプロセスを踏まなくてはならない。新規に資格を習得するには、試験の前提となるトレーニングを1コースを受講した後、2つの試験に合格する必要がある。

 ただし、2017年3月31日にvSphereバージョン5対応のVCP5-DCV資格自体が失効した。気づかないまま、あるいは対応に遅れてVCP5-DCVを失効させてしまった人もいるだろう。

 ヴイエムウェアではVCP5-DCV資格を失効させてしまった人向けに、VDC6-DCV再取得用トレーニング「VMware vSphere: What's New [V5.5 to V6] 」の受講料と、「vSphere 6 Foundations Exam」試験および「VCP6-DCV」試験の試験バウチャーのセットを提供している。トレーニングは2日間の教室におけるインストラクターとの対面トレーニング、または納品日より30日間受講可能なオンデマンド型のオンライントレーニングから選択できる。このセットの購入費は、教室・オンラインどちらのトレーニングを選んでも20ラーニングクレジット。20ラーニングクレジットは19万0200円(税抜き)で購入できる。

 トレーニングの内容(モジュール)は次のとおり。

  1. コースについて
  2. vSphere 6の概要
  3. インストールとアップグレード
  4. コンピューティングの機能強化
  5. 管理における機能強化
  6. ストレージの機能強化
  7. ネットワークの機能強化
  8. 可用性の機能強化

 インストラクターとの対面トレーニングは次の日程・場所に行われる。

日時
  • 2017年4月25日(火)〜26日(水)の2日間
  • 2017年5月11日(木)〜12日(金)の2日間
場所 VMware品川トレーニングセンター(日本サード・バーティ内

 ラーニングクレジットの購入とトレーニングの申し込みはこちらから。

 なお、オンデマンド型のオンライントレーニングはラーニングクレジットを購入後、こちらから申し込める。コースはすべて英語で行われるが、このトレーニングを申し込んだ人には、非売品の日本語テキストがプレゼントされる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0