Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

「情報処理安全確保支援士」がすべての都道府県に4月1日付けで4172人誕生―IPAが初回登録者数を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/03 14:35

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は4月3日、2017年4月1日付けで登録申請者4172人に対し、新たな国家資格「情報処理安全確保支援士(略称:登録セキスペ)の初回登録を行い、登録証を交付するとともに、登録番号や氏名などの登録者公開情報などを公表した。

 IPAは、2016年10月24日から受付を開始した新たな国家資格「情報処理安全確保支援士(呼称:登録セキスペ)」の初回申請は2017年1月31日に締め切られ、4月1日付けで4172人を登録セキスペとして登録したことを発表した。また、登録者にはIPA理事長名の入った登録証と今後3年間の講習受講計画の送付とともに、IPAのWebサイト(PDF)にて、登録番号と氏名、勤務先などを含む登録者情報が公表されている。

登録者に送付された登録証のイメージ(出典:[プレスリリース(PDF)](http://www.ipa.go.jp/files/000058525.pdf))

登録者に送付された登録証のイメージ(出典:プレスリリース(PDF)

 今回の登録により、登録セキスペは資格名称や登録番号を併記したロゴマークを名刺やビジネス文書、論文などにおいて、次の画像のような掲示が可能になる。

登録ロゴマークの利用には登録番号の併記が必須(出典:[プレスリリース(PDF)](http://www.ipa.go.jp/files/000058525.pdf))

登録ロゴマークの利用には登録番号の併記が必須(出典:プレスリリース(PDF)

登録者の内訳

 登録者の属性内訳は次のとおり。平均年齢は40.5歳、男女比は男性が約95%を占めている。地域別では関東地方が約7割、続いて近畿、中部・東海と続いている。また、すべての都道府県に登録セキスペが誕生している。

情報処理安全確保支援士登録者の属性内訳(出典:[プレスリリースPDF](http://www.ipa.go.jp/files/000058525.pdf))
情報処理安全確保支援士登録者の属性内訳(出典:プレスリリースPDF

 次回登録は現在受付中で、締め切りは2017年7月31日(月)。申請が可能な対象者は、経過措置対象者[1]および情報処理安全確保支援士試験合格者。

 なお、第1回目となる情報処理安全確保支援士試験は2017年4月16日(日)に平成29年度春期試験が行われるが、受験応募者は2万5000人を超えている。

[1]: 「情報セキュリティスペシャリスト試験」「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」それぞれの既存合格者は、経過措置対象者として2018年10月1日付けの登録まで登録セキスペになる資格がある。経過措置対象期限が2018年10月20日であることから、受付期間が8月19日まで延長されており、2018年10月1日付けの登録は、2018年8月19日(当日消印有効)までに申請する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事もオススメ

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0