Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

Windows Server 2016に対応したMCSAの日本語試験を配信開始―日本マイクロソフト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/08 14:00

 日本マイクロソフトは、Windows Server 2016に対応したMCSA(マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト)資格の試験のうち、「Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016(試験番号70-740)」と「Upgrading Your Skills to MCSA: Windows Server 2016(試験番号:70-743)」の日本語版試験を配信開始した。すでに全国のピアソンVUE認定会場で受験可能だ。

 日本語版の提供がスタートした「Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016(試験番号70-740)」(以下、70-740試験)は、MCSA:Windows Server 2016資格を取得するのに必須の試験。MCSA:Windows Server 2016資格の取得には70-740試験に加え、「Networking with Windows Server 2016(試験番号:70-741)」と「dentity with Windows Server 2016(試験番号:70-742)」の合格が必須となる。なお、70-740以外の試験は、現在は英語のみで提供されている。

 また、同じく日本語版の提供がスタートした「Upgrading Your Skills to MCSA: Windows Server 2016(試験番号:70-743)」(以下、70-743試験)は、旧バージョンのMCSA:Windows Server資格保持者がMCSA:Windows Server 2016資格へアップグレードするための試験。MCSA:Windows Server 2012資格またはMCSA:Windows Server 2008資格保持者は、70-743試験に合格することで、MCSA:Windows Server 2016資格を取得できる。

 70-740試験、70-743試験のどちらも受験料金は2万1103円(税抜き)。試験は日本全国のピアソンVUE認定会場にて受験できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0