Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

一般ユーザーのセキュリティサポートを担う資格者を対象としたイベントを無料開催―SPREADが3月18日に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/17 08:00

 一般社団法人 セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)は、SPREADが認定するセキュリティ人材の資格「情報セキュリティサポーター」(以下、サポーター)を対象としたイベント、「第3回SPREADサポーターズ・ミーティング」を東京・品川にて開催する。このイベントでは、情報セキュリティサポーターが全国から集まり、一般ユーザーがセキュリティに関するどのようなサポートを必要としているのかを一緒に考えることを目的としている。参加費は無料、定員は30名。

 SPREADは、ユーザーの情報セキュリティに対する意識向上や、ユーザーを支援する人材育成を目的に「SPREAD情報セキュリティサポーター能力検定」を実施している。この検定に合格し、サポーターとして登録すると、インターネット初心者が持つセキュリティを含めた疑問や問題などに対し、必要なセキュリティ対策を織り込んでアドバイスできる人材(サポーター)として認定される。

 このイベントは、全国のサポーターが一同に集まり、自らセキュリティ対策をすることができない状況の人々はもちろん、一般ユーザーに対して、SPREADが掲げるミッション「置き去りにしないセキュリティ」のもと、どのようなサポートが必要とされているのかを、情報を共有して交流を図りながら考える内容だという。

 プログラムには、地域で活躍するサポーターの事例発表に加え、ハンズオンワークショップやディスカッション、グループ発表など、サポーターとして活動するために参考となる実践的な内容が用意されている。

 イベントの開催概要は次のとおり。応募方法などは、後日発表される予定。

「第3回SPREADサポーターズ・ミーティング」開催概要
日時 3月18日(土)10:00〜17:00(9:30受付開始)
17:30〜19:30に懇親会が開催される
場所 品川インターシティ 会議室1+2
定員 30名
参加資格 情報セキュリティサポーター

 

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0