Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

【LPICレベル1】弱点「systemdによるサービスとターゲットの制御」を克服する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近の主要なLinuxディストリビューションでは、従来使われてきたSysVinit(SystemV init) に代わり、「systemd」が採用されています。今回はSysVinitと対比しながら、systemdによるサービスとターゲットを制御する方法を解説します。 システム管理者にとってサービスの管理とSysVinitのランレベルに相当するターゲットの管理は必須の作業の1つですが、LPIC レベル1でもVer4.0の試験範囲として「主題101システムアーキテクチャ」の中の重要度3に指定された項目にsystemdによる「ブート手順」と「ブートターゲットの変更」が含まれており、試験対策としてしっかり理解しておかなければなりません。

本記事は「IT人材ラボ」に移転いたしました

 資格Zineの後継メディア「IT人材ラボ」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大竹 龍史(有限会社ナレッジデザイン)(オオタケ リュウシ)

    有限会社ナレッジデザイン 代表取締役。

    1986年 伊藤忠データシステム(現・伊藤忠テクノソリューションズ(株))入社後、Sun Microsystems社のSunUNIX 3.x、SunOS 4.x、Solaris 2.xを皮切りにOSを中心としたサポートと社内トレーニングを担当。

    1998年 (有)ナレッジデザイン設立。Linux、Solarisの講師および、LPI対応コースの開発/実施。約27年にわたり、OS の中核部分のコンポーネントを中心に、UNIX/Solaris、Linuxなどオペレーティングシステムの研修を主に担当。最近はOpenStack関連の検証とドキュメント作成に注力。

    著書に『Linux教科書 LPIC レベル1 スピードマスター問題集』(共著、翔泳社刊)、『Linux教科書 LPIC レベル2 スピードマスター問題集』(翔泳社刊)。月刊誌『日経Linux』(日経BP社刊)およびWebメディア『@IT自分戦略研究所』(ITmedia)でLPIC対策記事を連載。

バックナンバー

連載:ドラゴン大竹のLPICレベル1 弱点克服クラス(Ver 4対応)
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0