Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

弱点「ディスプレイマネージャの種類・機能とログイン画面のカスタマイズ」を克服する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディスプレイマネージャが表示するログイン画面は、設定ファイルによってカスタマイズできます。ディスプレイマネージャには、古くからあるものや最近開発されたものなど、たくさんの種類があります。また、ディストリビューションやバージョンによってサポートされるディスプレイマネージャも異なるため、設定方法がわかりにくいものの1つです。今回は102試験の「主題106 ユーザインターフェイスとデスクトップ」の中から、出題傾向の高いディスプレイマネージャの種類・機能と、ログイン画面のカスタマイズ方法について解説します。

主要ディストリビューションのディスプレイマネージャとデスクトップ環境

ディスプレイマネージャは、LiunxをGUIで操作する場合に最初に起動し、ログイン処理とデスクトップ環境の起動を行うプログラムです。デスクトップ環境は、Xサーバが提供する画面表示や入出力の機能を利用して実装されており、ユーザにGUI操作するための画面などを提供します。

主要なLinuxディストリビューション(以下、単にディストリビューションといいます)で利用可能になっているディスプレイマネージャとデスクトップ環境は表1のとおりです。

表1:主要ディストリビューションのディスプレイマネージャとデスクトップ環境(太字がデフォルト)
ディストリビューション リリース日 ディスプレイマネージャ デスクトップ環境
CentOS 7 2014年6月 gdm, lightdm(epel) GNOME, KDE, Xfce
SUSE Linux Enterprise Server 12 2014年10月 gdm, xdm GNOME
Fedora 22 2015年5月 gdm, kdm, xdm, lightdmなど GNOME, KDE, Xfceなど
Ubuntu 15.10 2015年10月 lightdm, gdm, kdm, xdmなど Unity, GNOME, KDE, Xfceなど

起動シーケンス

Linuxシステムの起動からデスクトップ環境の起動まで、次のようなシーケンスが実行されます。

  • initまたはsystemdが、ディスプレイマネージャを起動
  • ② ディスプレイマネージャが、ログイン画面を表示
  • ③ ユーザが、ユーザ名とパスワードを入力してログイン
  • ④ ディスプレイマネージャが、Xサーバとデスクトップ環境を起動
Linuxシステムの起動からデスクトップ環境の起動までのシーケンス
Linuxシステムの起動からデスクトップ環境の起動までのシーケンス

主なデスクトップ環境

次に示すのは、主なデスクトップ環境の画面です。

デスクトップ環境「GNOME」(CentOS 7での画面)
デスクトップ環境「GNOME」(CentOS 7での画面)
デスクトップ環境「KDE」(CentOS 7での画面)
デスクトップ環境「KDE」(CentOS 7での画面)
デスクトップ環境「Xfce」(CentOS 7での画面)
デスクトップ環境「Xfce」(CentOS 7での画面)
デスクトップ環境「Unity」(Ubuntu 15.10での画面)
デスクトップ環境「Unity」(Ubuntu 15.10での画面)

複数のデスクトップ環境がインストールされている場合、ディスプレイマネージャ(gdm、kdm、lightdm)のメニューによって、起動するデスクトップ環境を選択できます。ただし、xdmはデスクトップ環境選択のメニューがないので、設定ファイル(/etc/sysconfig/desktop、~/.xsession、~/.Xclientsなど)を編集して指定します。設定ファイルで指定しなかった場合の(デフォルトの)デスクトップ環境は「GNOME」です。

以下の画面はgdmのメニューの例です。デスクトップ環境のメニューの他に、アクセシビリティの機能もメニューで指定できます。

デスクトップ環境の選択メニュー
デスクトップ環境の選択メニュー
アクセシビリティの選択メニュー
アクセシビリティの選択メニュー

ディスプレイマネージャの種類

主要なディスプレイマネージャには、表2に示す「gdm」「kdm」「lightdm」「xdm」があります。102試験には、この4種類が試験範囲に入っています。

表2:102試験の試験範囲に入っているディスプレイマネージャ
ディスプレイマネージャ 説明
gdm GNOME標準のディスプレイマネージャ
kdm KDE標準のディスプレイマネージャ
lightdm 4種類の中では最も新しい、軽量なディスプレイマネージャ
xdm 従来からあるX標準のディスプレイマネージャ

以下は、表2に挙げたディスプレイマネージャが表示するログイン画面です。

gdmが表示するログイン画面(CentOS 7での表示)
gdmが表示するログイン画面(CentOS 7での表示)
kdmが表示するログイン画面(Fedora 22での表示)
kdmが表示するログイン画面(Fedora 22での表示)
lightdmが表示するログイン画面(Ubuntu 15.10での表示)
lightdmが表示するログイン画面(Ubuntu 15.10での表示)
xdmが表示するログイン画面(Fedora 22での表示)
xdmが表示するログイン画面(Fedora 22での表示)

なお、上記の他にも、従来からあるwdmや、最近開発されたlxdm、sddmといったディスプレイマネージャがあります。

ディスプレイマネージャの切り替え

ディスプレイマネージャの切り替え方法は、採用しているinitプログラムによって異なります。

SysVinitあるいはUpstartを採用している場合

Red Hat系ディストリビューションでは、/etc/sysconfig/desktopファイルの中のシェル変数DISPLAYMANAGERで指定します。

/etc/sysconfig/desktop
DISPLAYMANAGER=GDM

一方、Ubuntuの場合にはdpkg-reconfigureコマンドを実行します。引数として、使用するディスプレイマネージャのパッケージ名を指定します。

dpkg-reconfigureの実行例
# dpkg-reconfigure gdm

systemdを採用している場合

systemctlコマンドにより、使用しないディスプレイマネージャをdisableに、使用するディスプレイマネージャをenableに設定します[1]

gdmからlightdmに切り替える
# systemctl disable gdm
rm '/etc/systemd/system/display-manager.service'
# systemctl enable lightdm
ln -s '/usr/lib/systemd/system/lightdm.service' '/etc/systemd/system/display-manager.service'

[1]: ubuntuの場合、xdmやwdmなどの古いタイプのディスプレイマネージャはUpstartの仕組みを利用しているため、systemctlコマンドではうまく切り替えることができません。このため、Upstartの場合と同じくdpkg-reconfigureコマンドによって切り替えます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大竹 龍史(有限会社ナレッジデザイン)(オオタケ リュウシ)

    有限会社ナレッジデザイン 代表取締役。

    1986年 伊藤忠データシステム(現・伊藤忠テクノソリューションズ(株))入社後、Sun Microsystems社のSunUNIX 3.x、SunOS 4.x、Solaris 2.xを皮切りにOSを中心としたサポートと社内トレーニングを担当。

    1998年 (有)ナレッジデザイン設立。Linux、Solarisの講師および、LPI対応コースの開発/実施。約27年にわたり、OS の中核部分のコンポーネントを中心に、UNIX/Solaris、Linuxなどオペレーティングシステムの研修を主に担当。最近はOpenStack関連の検証とドキュメント作成に注力。

    著書に『Linux教科書 LPIC レベル1 スピードマスター問題集』(共著、翔泳社刊)、『Linux教科書 LPIC レベル2 スピードマスター問題集』(翔泳社刊)。月刊誌『日経Linux』(日経BP社刊)およびWebメディア『@IT自分戦略研究所』(ITmedia)でLPIC対策記事を連載。

バックナンバー

連載:ドラゴン大竹のLPICレベル1 弱点克服クラス(Ver 4対応)
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0