Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

IPA ITパスポート試験とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/31 13:00

 ITパスポートは、国家資格である情報処理技術者試験の1つです。国が資格に対して「パスポート」という名称をつけたのは、この資格がIT 化の進む社会に積極的に関わっていける人材である身分証明書のようなものと考えたからではないでしょうか。事務系・技術系、文系・理系を問わず、ITの基礎知識、いわゆる情報リテラシを持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなり得ない時代です。社会人の方にとっては、ITを活用する上で前提となる幅広い知識を習得するために、また学生さんにとってはITの基礎知識をすでに習得していることを企業にアピールするために、まずは「パスポート」を取得しましょう。

ITパスポート試験とは

 ITパスポート試験は、経済産業省が情報処理技術者(コンピュータを扱う人)としての知識・技能が一定以上の水準であることを認定する国家試験で、2009年4月から実施されています。

 ITパスポート試験は、システムの利用者/開発者の区別がない、広い意味でコンピュータを利活用する人向けの、初級レベルの試験に位置付けられています。

 情報処理技術者試験は次のような体系になっています。

 出題のコンセプトは、「職業人として誰もが共通に備えておくべき基礎的な知識を測る試験であることを考慮し、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系のいずれの知識においても基礎的な用語・概念などの理解を問うことを主眼とする[1] です。

ITパスポート受験概要

受験資格制限 なし
試験実施日 随時。試験会場ごとに試験日および試験開始時間が異なる
試験地・試験会場 全国47都道府県で実施。試験会場は、受験申込手続の中で選択可能
受験手数料 5700円(税込み)
受験申し込み手続き ITパスポート試験のWebサイトから希望する試験日時、会場を選択
支払方法 クレジットカード、コンビニ、バウチャーから選択可能
試験結果 受験終了後、その場で確認可能。試験終了後は「ITパスポート試験」サイトから確認可能

ITパスポート試験の試験内容

(出典:「試験内容・出題範囲」)
試験時間 120分
出題数 小問:100問[2]
出題形式 四肢択一式
出題分野 ①ストラテジ系(経営全般):35問程度
②マネジメント系(IT管理):20問程度
③テクノロジ系(IT技術):45問程度
合格基準 総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと
<総合評価点>
 600点以上/1,000点(総合評価の満点)
<分野別評価点>
 ・ストラテジ系 300点以上/ 1,000点(分野別評価点の満点)
 ・マネジメント系 300点以上/ 1,000点(分野別評価点の満点)
 ・テクノロジ系 300点以上/ 1,000点(分野別評価点の満点)
試験方式 CBT(Computer Based Testing)方式[3]
受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。
採点方式 IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出

[1]: 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の発表資料「情報処理技術者試験新試験制度の手引」より。

[2]: 総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行います。残りの8問は今後のITパスポート試験で出題する問題を評価するために使われます。

[3]: 身体の不自由等によりCBT方式で受験できない方のために、春期(4月)と秋期(10月)の年2回、筆記による方式の試験が行われます。

本稿はこの本の序文から抜粋しました

情報処理教科書 出るとこだけ!ITパスポート 2017年版

Amazon   SEshop   その他

情報処理教科書
出るとこだけ! ITパスポート 2017年版

著者:城田比佐子
発売日:2016年11月10日
価格:1,706円(税込)

本書について

試験に出るとこ「だけ」をピックアップして解説! 長年、情報処理の指導をしている先生による書き下ろしで、飽きずに勉強を続けられる工夫が随所にあります。また、図解やイラストが多く、直感的にわかるほか、出題回数の多い過去問題を厳選して掲載しています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 城田 比佐子(シロタ ヒサコ)

    お茶の水女子大学理学部卒。住友商事でシステムの企画を担当。その後、NEC教育部、駿台電子専門学校、(株)TACなどで情報処理教育に携わる。現在はフリーインストラクタとしてIT 全般における教育、コミュニケーション系の教育、書籍執筆、教材作成などに従事している。著書に『情報処理教科書 出るとこだけ! ITパスポート』(単著、翔泳社刊)、『3週間完全マスター 基本情報技術者』『同 応用情報技術者』『プログラミング未経験者のための基本情報技術者 午後 プログラム言語』(3冊とも共著、日経BP社刊)などがある。

バックナンバー

連載:試験内容や資格体系がぱぱっとわかる「最新資格データベース」

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0