Shoeisha Technology Media

資格Zine(しかくジン)

記事種別から探す

なぜIT技術者もマネジメント力を伸ばす必要があるの? どうしたら伸ばせるの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/08 14:00

 IT技術者のキャリアステップには、大きく分けて「特定の技術のエキスパート(その最終形態が「グル」?)」と「マネジャー」の2つがあると思います。みなさんはどちらを目指していますか? 前者はどんな仕事をするのか想像しやすいかもしれませんが、後者は想像しにくい人も多いのではないでしょうか。というわけで、今回はIT人材の将来的なキャリアの1つである「マネジャー」と、その語源の「マネジメント」ついて簡単に紹介します。

様々な「マネジャー」

IT業界もご多分に漏れず、様々な種類の「マネジャー[1]」で溢れかえっています。

  • プロジェクトマネジャー
  • プロダクトマネジャー
  • サービスマネジャー
  • プログラムマネジャー
  • プロセスマネジャー

……そういえば「部長」や「課長」もマネジャーですね。みなさん、それぞれの違いを説明できますか?

マネジメントとは

マネジャーとは「マネージ/マネジメント(管理)の責任者」を指します。では、マネジメントとは何でしょうか?

ピーター・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)の著書『マネジメント』は有名ですね。この本を題材にした岩崎夏海さんの小説『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称 もしドラ)でも一躍話題となりました。

『マネジメント』には、マネジメントとは何かを理解するのにうってつけの表現があります。

コントロールできないものは管理できない。
測定できないものはコントロール(制御)できない。
定義できないものは測定できない。

(出典:ITIL[2] 2011 edition「継続的サービス改善」)

つまり、管理とは、

目標を立ててしっかり計画し【定義】、
その計画を実行しながら、その過程と結果を測定することによって可視化し【測定】、
目標とのギャップを埋める【コントロール(制御)】こと。

というわけです。しかし、本当のマネジメントはさらにその上を目指します。

マネジメントとは「更なる上を目指し、より良い結果を出し続けることができるように、ありとあらゆることを実施すること」です。さらにいえば「その結果に責任を持つこと」も追加すべきでしょう。

[1]: 「マネージャ」と表記される場合もあります。

[2]: ITIL(Information Technology Infrastructure Library)は、ITサービスマネジメントのベストプラクティス集。英国政府がまとめた。認定資格もある。日本国内では「itSMF Japan 」が普及活動を行っている。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 最上 千佳子(モガミ チカコ)

    日本クイント株式会社 代表取締役社長。

    システムエンジニアとしてオープン系システムの提案、設計、構築、運用、利用者教育、社内教育など幅広く経験。顧客へのソリューション提供の中でITサービスマネジメントに目覚め、2008年ITサービスマネジメントやソーシングガバナンスなどの教育とコンサルティングを提供するオランダQuint社(Quint Wellington Redwood)の日本法人 日本クイント株式会社へ入社。ITIL認定講師として受講生・資格取得者を輩出。

    2012年3月、代表取締役に就任し、これまで以上にITとビジネスとの融合に貢献していくことを目指し、講師・コンサルタントとしての活動も続けている。

    [主要資格]ITIL Expert認定講師

バックナンバー

連載:これからのIT人材に求められるもの
All contents copyright © 2015-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0